Blog


#rosemary

#ちいさなくに

rosemary

去年の段階で、自分は「東京オリンピック2020」の代替案を持っていて、それは何人かの友達に話したし、あるいはSNSでも書いたかもしれない。「オリンピックは中止し、代わりに同時期にパラリンピックのみを開催する」というものである。テレビの放送枠を全て使ってパラリンピックを放映する。今までほとんど目にすることがなかったパラ競技が、連日連夜テレビで流れる。きっとみんな見ると思う。パラリンピックが新聞の一面に載る。SNSを彩る。

オリンピックとパラリンピックの実行委員会が協力しあい、国と東京都が手を取り合い、1年間かけて、皆で心を尽くし知恵を尽くせばこのコロナ禍でも必ず実現できる。街も全てバリアフリーにする。オリンピック出場が決まっていた日本選手団にはボランティアに回ってもらおう。何しろ彼らはスポーツを熟知している。もちろん体力もある。ワクチンも打ってもらおう。スポーツ選手の目線からパラリンピックを考えるのは彼らにとっても有意義だろう。海外選手との交流も得意だ。苦しみに耐える飲食業の方も「それならば協力しよう」と思うかもしれない。もちろん補償をしよう。お店を閉じている間バリアフリーに改装し国はそれに補助金を出す。オリンピック反対派だって力を貸してくれるかも。意見がどんどんと出されパラリンピックにますます豊かな実りをもたらすだろう。

たとえそれが無観客になっても、ボランテイアをしたオリンピック選手らには応援に行ってもらおう。酷暑のコロナ禍に小中学生を駆り出すのではなく。オリンピアンが自分のSNSで呟けば、多くの人にパラスポーツそしてスポーツ全体の意義が伝わるだろう。それはオリンピック憲章にもかなうはずだ。テレビの視聴率は上がり、スポンサーも喜ぶだろう。「ああ、パラリンピックにして良かったな」と自らの協賛を誇りに思うだろう。海外のメディアも注目し日本の評価は上がるだろう。「日本はオリンピックは開催できなかったが、それ以上に素晴らしい祭典を演出した」。ガーディアンもワシントンポストも絶賛すれば内閣の支持率も爆上がりだ。

でもまあ、そんなことは決して起こらなかったし、残念ながら今の日本には所詮無理な話である。先日の音楽家とパラリンピック実行委員会の対応を見て本当にゲンナリした。さようなら私のニッポン。うつくしいくに。

白い

匂い。
5月の花が小さな実になっているのだけど、今年はまた咲き出した。甘い匂いがする。

実は半月ほど前にも蕾を付けていて楽しみにしていたのだけど、侵入者(大きなバッタ)に食い尽くされてしまってちょっと悲しかった。しかしなぜ今咲く? 今日は搬入・設置。 [ Stay out, stay home ]は22日(祝・木)より。

lemon

#lemon

夏の

夕暮れ。

wild strawberry
rosemary
#ちいさなくに

wild strawberry
rosemary

晴れ間


rosemary
wild strawberry

#ちいさなくに

rosemary
wild strawberry

中根秀夫展 [Stay out, stay home]

お知らせ第1段。展覧会用のフライヤーができました(A4二つ折り)。今回の展示のために早見堯さんから素敵なテキストをいただきました。皆様にご覧い頂くのが楽しみです。画廊のご厚意に感謝したします。展覧会は7月22日(木・祝)より開催いたします。

中根秀夫展 [Stay out, stay home]
@ギャラリーナユタ
2021.7.22(Thu)-8.9(Mon)   水曜休
12:00 – 19:00   (最終日は 17:00まで)

テキスト:早見堯
中根秀夫展 [Stay out, stay home] 表紙
中根秀夫展 [Stay out, stay home]

ギャラリーナユタのサイト


英国海峡の方から吹き寄せられた雲が
私達の最後の日曜日を台なしにしてしまった。

「冬が来る」ジュール・ラフォルグ (吉田健一 訳)

この展覧会は、昨年開催された「木戸駅と – #KidoStation」の続編である。東日本大震災そして原発事故から10年を迎える福島の、常磐線の小さな駅を再び訪ねた。巨大堤防を臨む山田浜海岸で撮影した写真から2点、そして自宅のベランダで、真夏のこの季節の小さな花、オレガノ・ケントビューティーの写真を8点、計10点を展示する(会期中展示替えあり)。つづく[2021年6月16日更新]