Blog

ちいさなくに – in a small realm

Hideo Nakane | Video Work
Yurihito Watanabe | Monody & word


□ Phase 1 ………. year 2016
□ Phase 2 ………. year 2017
□ Phase 3 ………. year 2018

傾けられる ことのない
聾啞のやうな 空の楯を伐つ
かれた 息たち
あれら夕べの 反響に封じられて

あり得た筈の 祈りの光景 
頑な冬芽を 微睡む

この中空に降る
光塵ちりたちの惡い痛み
記憶の蘂が
存ることの根源で
組㬱へられてしまっても

蜜蜂が訪ふ 風を待つことの

蒼い蕚を點さうと
たゞ あの氣爽さだけ
覺醒めさせる
こゝ いまいまが
幻であつ たとしても

あしたには

若い柄長えながの番が やつて來るから
こゝ運ばれる 飛行のあたゝかさだけ

何時しか その唇許に
甘やかな 囀りを傳へる ことの
祕められた 緋色の犠牲を供へても

□ Phase 4 ………. Democracy

剝落した三つの日附
穩やかな雨

冀望の合圖を送る
遠い誓の 紛もない乖離

飛翔する抵抗の上方で
夜の眼差しが 靜かに嗤ふ

無名の 跫音の圍繞ゐねうの中
夢見るやうに 屹立する尊嚴が
あかるく 騷めく

頁 終へられた
反復 内的な ずれ
記述 といふ
聲 といふ
期待
傷 消儘したもの

移送された その
群聚の空地で
叛照する
影ばかりが 明日のやうだ

あらざる
白日
卒倒する

□ Phase 5 ………. Clouds
□ Phase 6 ………. Steps A
□ Phase 7 ………. Steps B

Tacet

□ Phase 8 ………. Shore
□ Phase 9 ………. Nowhere

海の方へ 降りて行かう
靜止した靑さだけが
永遠的な歩行を忘れさせてくれる
手に傳ふ 記憶の伴連れさへ
こゝあるやうな その指先の囁き
遠い 空無の途で

 「かるたえ・あえりあえ」(2013年) より

□ Phase 10 ………. Forget-me-not

ふるへてゐる
刻限ときしきゐに 睡りのない窻貌さうばうを浸して
天穹そら
生まれたばかりのしづくのまゝ
淨められた
果ての かすかな肌理を聽くやうに

もうひとつの
眼差しに ためらふ 眼差しのうちに
ぬすまれた
漣の襞を束ね 絶へ間なく去來する

不明の白さ
忘れられた 無數の子午線に漂ひ
組み解けない
悲憤のみぎは渚へ 小舟を屆けようと
託されてゐた
永遠的な反復 たわわに 微笑むやうな

その息たちの
仄かな唇がゐろづく 頰に竚み
默祕して
いつ証されることのない 言葉のまゝに

いまも あをいしづくを 誦す

□ End

ながれのきしのひともとは、
みそらのいろのみづあさぎ、
なみ、ことごとく、くちづけし
はた、ことごとく、わすれゆく

 わすれなぐさ ヰルヘルム・アレント (上田 敏 譯)



Vimeo on Demand にて
https://vimeo.com/ondemand/inasmallrealm


コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Leave a comment

CAPTCHA