明日7月15日(月祝)より

Try to remember prologue / 2016
Video installation, 02.40min
Taeko Takeda (words) Taiichi Kamimura (music) Hideo Nakane (video)

中根秀夫 展「もうひとつのもういちど秋を」が始まります。

Hideo Nakane Exhibition [ Re: try to remember ]
2019. 7.15 (Mon) – 7.27 (Sat)
12:00 – 19:00 Lastday – 17:00 *7.23 (Tue) Closed

展覧会サイトはこちら


目をつむればいつも
澄んだ空を渡ってくる風と
同じやさしさに包まれて
私たちは佇んでいる
永遠にあの日の秋の中に
  『もういちど秋を』 武田多恵子

 

『もういちど秋を』は、武田多恵子の3つの詩集「麦の耳」(1986年)「流布」(1993年)「蜜月」(2013年)から20編の詩を抜粋し、1年の季節を巡るように5つのユニットに仕分け、「もういちど秋を」という序章を加えて再構成された映像詩である。武田の詩に、サックス奏者かみむら泰一が音楽、中根秀夫が映像を担当し1年間をかけて制作された。

ひとつの詩はひとつの時間を孕みながら、他のもうひとつの詩とその時間に接続する。詩の中の時間はそれぞれの記憶を持ち、その記憶はひとつの詩という枠を超え、過去とも未来とも自由に接続することが出来る。ひとりの作者の記憶はもうひとりの者の記憶へと接続され、その記憶はさらにまたひとりの別の記憶とつなぎ合わされる。そのようにして、記憶は少しづつそのポジションを変えながら私たちの空間を拡張し、またそれを満たしていく。

このプロローグのみ詩は字幕で示されている。冬の早朝、日の出直前の海で。

 

As long as you keep your eyes closed,
The wind that crosses the clear sky,
Wrapped in the same tenderness.
We are standing by
Forever in the autumn of that day.
    try to remember / Taeko Takeda

“Try to remember” is a video project by Taeko Takeda (words), Taiichi Kamimura (saxophone) and Hideo Nakane (video).​ Takeda selected 20 poems from her collections of poetries, and then, sorted them into 5 units whose scenes are going around the seasons of the year.

A poem connects to another poem through a specific time. The time in those poems brings their own memories, which go beyond the framework of one poem, and it can visit both past and future freely. Memories of the author are connected into someone’s memory, and again, are connected to another one’s memory differently. In that way, memories gradually expand our space and fill it while changing its position little by little.

Only this prologue is shown with subtitles. Early morning in winter at the sea, just before sunrise.


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA