アオギリ

展覧会は9月24日(月・祝)まで。

  1. アオギリ(青桐)

葉が桐に似て幹が緑色なのでアオギリと呼ばれる。中国では鳳凰が住む樹とされる。材は建具・家具・楽器などにする。太平洋戦争中には種を炒ってコーヒーの代用品とした。

  1. 被曝アオギリ

1945年8月6日、爆心地から約1.3km離れた、広島逓信局庁舎の中庭にあったアオギリの木。熱線と爆風を受け、爆心側の半分が焼け焦げた。広島には70年草木が生えないと言われたが、翌1946年春、そのアオギリの幹は再び芽吹くことになる。1973年、広島平和記念公園内に移植。

他者(ひと)の悲しみに寄り添うことの不可能性について。22 Aug – 19 Sep 2018 了

《Ephemeral eternal》 22 Aug – 19 Sep 2018
和紙、鉛筆
9/21 完成しました。

 

《Ephemeral eternal》(部分) 22 Aug – 19 Sep 2018
和紙、鉛筆

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA