福島県双葉郡 木戸駅と富岡駅と浪江駅と

避難指示区域マップ

2018年2月23日金曜日。いわき駅、朝7時半。男子高校生たちが階段を勢いよく駆け上がってくる。スマホを手に、あるいはおしゃべりに夢中な女子高生たちも続く。どこの街でも見かける日常。震災から7年。小学生だった彼らもまた巨大な地震と津波を体験し、心に傷を抱えてもいるかもしれない。

原発20キロ圏内にある楢葉町、富岡町、双葉町、大熊町からは(一部は浪江町からも)、いわき市にも多くの住民の方が避難した。その数は2万4000人余りだといわれる。「結果的に」ではあるが、いわき市に於いて原発事故による住民の流入は流出を上回り人口が増加した。さらには東電関連社員や除染・復旧作業員の居住地となったことで街は意外なほど活気付いているように見える。

念のため記しておくと、市が(周辺の市町村はみなそうなのだが)除染を進めているので、手持ちの線量計でみても、駅周辺の空間線量は私の住む神奈川県の放射線量よりも低い値になっている。

7:49 いわき駅から常磐線下り富岡駅行きの列車に乗る。前回訪れたのは2016年の夏なので1年半振りだ。

いわき〜富岡間は1日11往復のローカル線だが(途中の広野駅まではもう少し便がある)、通勤時間帯にはそこそこの数の乗車がある。役場の職員と思われる人、何らかの現場作業を請け負う人。それぞれの人生…。

数名の高校生が乗り込み、そして広野駅で降りていった。2015年に開校したふたば未来学園高校の生徒だろう。震災前には双葉郡に5校あった福島県立高校はひとつの高校に集約された。双葉の未来を…背負うの?…。広野には東電の火力発電所があるので(降りたことはないが)相応の人の出入りと生活がそこにはある。ここで発電された電気はもちろん関東地方に送られるわけだ。

木戸駅より

8:17 木戸駅に着くと10人弱の人が降りた。福島県双葉郡楢葉町 前原・山田浜地区。低く平坦な土地で一面が見渡せる。この地を訪れるのは4回目で、今では地図が無くても歩ける。楢葉町で原発事故に伴う避難指示が解除されたのは2015年9月のこと。それから2年半が経つ。

  

時折小雨が混じる寒い日。夏とはまた違う景色がそこにある。静かな、そして何事もなかったかのような感覚すらある。瓦礫は全て片付けられ、津波で大破した家屋もすでに無い。ラジオ体操の放送が朝の始まりを告げる。海辺の土地はもともとが畑だが農作業をする人はいない。

  

防波堤の工事もだいぶ進んでいた。いわきナンバーのトラック数台が通り過ぎ、運転手は皆軽く会釈を返してくれる。役場の乗用車も数台。こちらは現場の巡回だろう。囲いの中で防災林用と思われる松の苗木を育てていて、その向こうに火力発電所の煙突と煙が見える。ゆっくりとした時間が流れている。

駅前には住宅地が少しあり、人の気配こそ無いが家は整えられている。避難指示が解除されたにせよ、小さな地区には病院や学校も無く商店も郵便局も閉鎖されたままであり、定住し生活をしていくことが困難であることは想像に難くない。震災から7年が経ち、新しい土地で新しい生活を始めた人も多い。現在この地区の居住者は56世帯128人と記載されている。

富岡駅より

9:49 木戸駅発。常磐線竜田駅〜富岡駅間が復旧したのが去年2017年10月21日のこと。10:00 富岡駅着。ここは海岸線からほど近く、津波で駅舎が流された写真がよく知られている。夜ノ森方面の信号機に貼られた×がこの先の不通区間を明示する。駅を出るとバスターミナルがあり、区画整理だけされた駅前が印象的だ。

  

ここでもやはり巨大な防波堤の工事が進められている。コンクリートの壁に阻まれその先の海は見渡せないが、工事現場の入口を左に逃げると富岡川にかかる橋がやや高台にあり、そこから防波堤の建設作業の様子と港の復旧工事の進み具合を眺めることができる。聳え立つかに見える防波堤の形状は意外にになだらかだ。河口左岸には、錆びついた漁船が震災そのままの状態で岸に繋がっている。

   

福島第1原発から10キロ地点にあるこの富岡町はまた第2原発を抱える町でもある。今は帰還困難区域にある一角には東電社員の住む高級住宅地があったとも聞く。漁港がありサッカーの盛んな高校がある豊かな町。平成29年12月1日現在の居住者数376人。震災前の人口は約1万6千人。

11:30 富岡駅発の代替バスに乗車する。駅を出ると新築の復興住宅が並び、程なく帰還困難区域に入る。国道6号線を走るバスと第一原発の位置関係をグーグルマップと線量計で確認する。12:00 浪江駅着。

浪江駅より

浪江もまた津波で甚大な被害があった町である。しかし住民にとって一番辛いのは、翌朝には原発10キロ圏内の警戒区域となり、地震の後片付けも津波の行方不明者の捜索もままならぬまま土地を離れなければならなかったことではないか。「2〜3日で自宅に戻れる」と考えていた人も多かったと聞く。

浪江駅の周辺。夜はネオンが灯る原発の街も今では全くの無人と化している。一方で立派な建物の浪江町役場は忙しく稼働中だ。隣接する仮設商店街の飲食店も賑わいを見せる。私が富岡駅に着いた時改札を塞いでいた都内からの男性グループが1便前のバスに乗って行ったのだが、なんのことはなくここ仮設商店街で再度遭遇する。おそらく視察目的なのだろう。インフラ整備のための巨大な公共事業が今まさに動いていることを実感する。国道は多くの工事車両が往来する。土地の造成や堤防の工事はある意味でわかりやすい復興の形ではある。海から遠く津波の被害こそ無かった浪江駅の周辺はまた違った姿を見せている。

住宅を少し外れて歩けば美しい川の流れがある。地図を確認し、高台にある丈六公園に行ってみようと思った。家族が楽しめる自然の豊かな公園だという。入口付近には、滑り台やブランコなど遊具が置かれた広場があり、土も入れ替えられ丁寧に除染されているように見える。だが、やはり線量は相当に高くそれ以上中に立ち入ることは断念した。公園のすぐ西隣はぽっかりと残された帰還困難地域にあたる。

住宅の除染はともかく、木々の生い茂る生活の環境を整備していくのは難しい。震災前には2万人が暮らしていた浪江町は、平成29年11月30日現在で人口306世帯440人と記載されている。

終わりに

考えることが多すぎる。ただ、どちらにしても全てを知ることは不可能なのだ。結局今回は住民の方とすれ違うことすらなかったが、復興についてあるいは帰還について、住民の方の意見が十分に反映されることこそが大事だ。避難指示が解除されることによって賠償や住宅支援が打ち切られるという現在の状況には違和感を感じざるを得ない。

14:16 に浪江駅を出発する。途中小高駅から詰襟を着た男子学生の集団が乗車してくる。小高産業技術高等学校。去年4月に工業高校と商業高校が合併し開校したそうだ。復興の目に見えない境界線はくっきりと引かれている。


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA