「そうなっていたかもしれない」ことも

「そうなっていたかもしれない」ことも「そうなっている」ことも
所詮は同じことで、いつもそこにある。
足音が記憶の中にこだまを響かせながら
まだ通ったことのない狭い路地を辿って
まだ開けたことのない扉に向かい
バラ園に入っていく。ぼくの言葉も
そんなふうにきみの心にこだまする。

T. S. エリオット
oregano kent beauty
oregano kent beauty
oregano kent beauty

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA