本日10月17日より『もういちど秋を… -try to remember-』展が始まります

いよいよ本日10月17日より『もういちど秋を… -try to remember-』展が始まります。皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。

なお17時より、武田多恵子/ かみむら泰一による「生」の朗読と演奏によるパフォーマンスがございます。お気軽に足を御運び下さいませ。所要時間は1時間ほどで、その後は会場を戻し歓談となります。

なお16時30分頃より通常の展示上映を停止し、会場の設営を行います。ご協力くださいますようお願い申しあげます。

展覧会 ホームページ
http://hideonakane.com/info/Autumn2016.html


今日はまずプロローグからご紹介します。

『もういちど秋を』は、武田多恵子の3つの詩集「麦の耳」(1986年)「流布」(1993年)「蜜月」(2013年)から20編の詩を抜粋し、1年の季節を巡るように5つのユニットに仕分け、「もういちど秋を」という序章を加えて再構成されたひとつの映像詩だ。武田の詩に、サックス奏者かみむら泰一が音楽、中根秀夫が映像を担当し1年間をかけて制作された。

ひとつの詩はひとつの時間を孕みながら、他のもうひとつの詩とその時間に接続する。詩の中の時間はそれぞれの記憶を持ち、その記憶はひとつの詩という枠を超え、過去とも未来とも自由に接続することが出来る。ひとりの作者の記憶はもうひとりの者の記憶へと接続され、その記憶はさらにまたひとりの別の記憶とつなぎ合わされる。そのようにして、記憶は少しづつそのポジションを変えながら私たちの空間を拡張し、またそれを満たしていく。

このプロローグのみ詩は字幕で示されている。冬の早朝、日の出直前の海で。

Video Thumbnail
もういちど秋を - try to remember prologue

もういちど秋を… – try to remember –
2016年10月17日(月)〜 10月22日(土)
11:00~19:00(最終日は17:00まで)
会場 GALERIE SOL

東京メトロ有楽町線 銀座一丁目駅 5番出口より徒歩3分
東京メトロ銀座線 京橋駅 3番出口より徒歩5分
〒104-0061 東京都中央区銀座1-5-2 西勢ビル6F
tel. 03-6228-6050
観覧無料

 


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA